仕事関係のニュースクリップ代わりになってます。どうせ見る人いないし・・・。

by sandance_01
 
2004年 05月 24日 ( 3 )
 
let it be / The Beatles

a0003019_222131.jpg
The Beatles

ついでに私も便乗。
ビートルズとの出会いは前に書きましたが、
ビートルズのアルバムの中で特に好きなのがこのアルバムです。

けっこう好みの分かれるアルバム。
特に、フィル・スペクターのプロデュースをいろいろというひとが多いですね。
気持ちはわかりますが・・・。

そういったこともあって、
「LET IT BE...NAKED」発売ということになったのでしょうが
私はこっちのほうが好きですね。
新しいほうはきれいにまとめられすぎているような気がします。
曲の合間の会話や軽口がラフな感じを出していて好きだったのですが、
それが全部カットされていたのも残念でした。

でも、「The Long And Winding Road」や
「Across The Universe」などはさすがにいいアレンジ。感動しました。
  
「Dig It」の最後、ジョンが冗談を言って終わり
そのあとふっと落ちて、「let it be」のピアノが静かにはじまる。
そこがたまらなく好きですね。
「Let It Be」はビートルズの曲で一番好きなのですが
何度聞いてもこの曲には泣かされてしまいます。
途中のジョージのギターソロや、
後半のサビの終わり、裏声で高くなっていくところなどたまらなくなります。


リンゴは、今もなおマイペースながらがんばってますね。
リンゴのドラムは、「The end」のドラムソロが一番印象的です。
[PR]
by sandance_01 | 2004-05-24 22:22 | Beatles
 
Singing for the lonely / Robbie Williams

a0003019_1730.jpg

Sing When You're Winning / Robbie Williams
2000年発売

とうの昔に「元Take That」という冠詞は不要になっている
イギリスのトップスター、ロビー・ウィリアムズ。
日本での知名度はいまいちだけど・・・。

「Better Man」もいいけど、この曲が一番好き。
[PR]
by sandance_01 | 2004-05-24 17:04 | 2000s
 
She's Always a Woman / Billy Joel

a0003019_13143.jpg

Stranger / Billy Joel
1977年発売

どのアーティストでもそうだけど、
どの曲が一番好きと聞かれるとすごく困る。
あの曲も好きだし、この曲も好きだし・・・、
どの曲もそれぞれの良さがあって、順位なんてつけられるもんじゃない。

だけど、ビリーの曲のなかで一番好きなのはこの曲。
それはこれまでもそうだったし、これからもおそらくは変わらない。


元奥さんで、マネージャーでもあったエリザベスのことを歌った曲。
彼女とはいろいろとゴタゴタ続きで、
ビリーが心を痛めただろうことは想像に難くない。

この曲はもちろんその前に作られたものだけど、
歌詞を見てると彼女がビリーにとってどういう人だったかということが
痛いくらいに伝わってくる。

どんなに傷つけられても、裏切られても、
ビリーにとって彼女は「She's Always a Woman」。
そういうのって、すごくつらいし、
きっぱり別れられたら楽なのにって何度も思ったはずなのに
彼女の微笑みや、目や、無邪気さを見ると
別れようという考えは消え去ってしまう。
それの繰り返し。
結局彼女とは別れてしまったわけだけど、
その過程が目に浮かぶよう。


やっぱり好きだな、この曲。
[PR]
by sandance_01 | 2004-05-24 01:32 | 1970s


別館・海外競馬ブログ
Darkhorse Runs

カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
「The Dark Ho..
from 湘南のJOHN LENNON..
倉木麻衣
from A Day In The L..
リンダリンダリンダ
from 日本の文化
私の好きなアルバム14〜..
from KINTYRE’SPARAD..
業界人向け
from 芸能門
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク